歯が痛い・しみる 一般歯科

放っておくとどんどん進行する病気――虫歯

虫歯は、細菌が原因となって起こる感染症の一種。プラーク(歯垢)の中のミュータンス菌が食べ物に含まれる糖質を分解して生成された酸が、歯のエナメル質を溶かしていく病気です。いったん歯に穴があいてしまうと自然に回復することはなく、放っておくとどんどん悪化してしまいます。

虫歯の進行段階と治療法

進行段階 症状 治療法
C0
【ごく初期の虫歯】
C0【ごく初期の虫歯】
歯の表面のエナメル質が溶けはじめ、白く濁っている状態。まだ歯に穴はあいておらず、痛みなどの自覚症状はありません。 適切な歯みがきやフッ素塗布で治ることがあります。
>>>小児歯科
C1
【エナメル質の虫歯】
C1【エナメル質の虫歯】
歯の表面のエナメル質がさらに溶け、黒ずんでいる状態。冷たいものがしみることがありますが、まだ痛みはありません。 虫歯に冒された部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて治療します。
>>>審美歯科
C2
【象牙質の虫歯】
C2【象牙質の虫歯】
エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が進行した状態。冷たいものや甘いものがしみるようになり、ときどき痛むこともあります。 虫歯に冒された部分を削り、レジンやインレー(詰め物)で補います。
>>>審美歯科
C3
【神経まで達した虫歯】
C3【神経まで達した虫歯】
神経まで虫歯が進行した状態。熱いものがしみるようになるほか、何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。 神経を除去し、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を行い、おもにクラウン(被せ物)を被せます。
>>>審美歯科
C4
【歯根まで達した虫歯】
C4【歯根まで達した虫歯】
歯の大部分が溶けてなくなり、歯根まで虫歯に冒された状態。神経が死に、痛みはなくなりますが、歯根部に膿が溜まると再び痛みが出ます。 多くの場合、抜歯が必要です。抜歯後、入れ歯やブリッジ、あるいはインプラントなどで失った歯の機能の回復を図ります。
>>>入れ歯

院長ミニコラム「知覚過敏とは」

院長ミニコラム「知覚過敏とは」知覚過敏とは、象牙質が露出したために刺激が神経に伝わりやすくなっている状態のことです。歯周病によって歯ぐきが下がったために象牙質が露出したり、強い歯ぎしりなどでエナメル質が割れたり欠けたりするなど様々な原因が考えられます。

虫歯ではないのに歯がしみる場合は知覚過敏の可能性が疑われます。お早目に当院までご相談ください。

ページの先頭へ戻る

歯を残すための「根管治療」

歯を残すための「根管治療」根管治療とは、虫歯が神経にまで達した場合でも歯を残すために行う、基礎工事にもあたる重要な治療です。「根管」とは、歯の血管や神経の入った細いトンネル状の歯の管のこと。死んだ神経・血管や汚染された象牙質を取り除き、根管の中を清掃し消毒する治療は、目で見て確認しながらの施術ができないため、大変高度な技術が必要です。

このような治療を必要な状態にならないために、予防を心がけることが重要です。予防歯科についてはこちらをご覧ください。

院長ミニコラム「痛くない治療のために」

先日、患者様から「最近の麻酔は針を使わないのですか?」と聞かれました。当然、注射器を使って麻酔をしていますので、針を使っています。つまり、針を使っていることがわからないほど、当院の麻酔は痛くなかったということですね。嬉しいことです。

当院では、「痛くない治療」を実現するために麻酔の方法に配慮しています。麻酔のときに針を刺す痛みが苦手だという方も多いので、麻酔を注射する前に表面麻酔を行っているんです。さらに、麻酔薬を体液と同じ温度にしてゆっくり注入することで、痛みを抑えています。痛みが気になる方は、お気軽にご相談くださいね。

WEB診療予約はこちらから

ページの先頭へ戻る