歯から血が出る・グラグラする 歯周病治療

お口への影響だけではない歯周病の恐ろしさ

歯周病は、歯周組織(歯の周りの組織)が炎症を起こす病気です。まず歯ぐきが腫れ、細菌が出す毒素によって骨がどんどん減少していき、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。歯周病なんて、まだ自分には関係ないと思っていませんか? 実は、日本人の成人のうち約8割の人が歯周病(もしくは予備軍)だといわれていますので、決して他人事ではありません。また、歯周病は全身へも悪影響を及ぼす可能性があるのです。

歯周病による全身への影響

歯周病は、症状が進めば歯を失ってしまうだけでなく、全身へ影響を及ぼし、重大な病気を引き起こす原因にもなってしまう感染症です。歯周病菌が血管や気管から体内に入り全身に運ばれると、身体の様々な部位やはたらきに影響を及ぼす危険性が高まります。

誤嚥性肺炎
(ごえんせいはいえん)
口腔内の歯周病菌が気管に入りこむと、誤嚥性肺炎を引き起こす原因となります。特に高齢者は免疫力が低いため、誤嚥性肺炎になる危険性が高まります。
糖尿病 歯周病により増える炎症物質が、血糖値を調節するインスリンのはたらきを低下させるといわれています。その結果、糖尿病を悪化させる一つの要因となっています。
血管障害 歯周病菌が血液に入りこみ、全身に運ばれると、血栓ができやすくなります。その血栓が心臓で起こると心筋梗塞、脳で起こると脳梗塞の要因となります。
早産・低体重児出産 歯周病菌の増加により免疫のバランスが崩れると、情報伝達物質「サトカイン」の血中濃度が高まり、陣痛に似た筋肉収縮を引き起こし、早産・低体重児出産につながるといわれています。

当院の歯周病検査・治療

歯周病検査
歯周ポケット検査 「プローブ」というものさし状の器具を用いて、歯と歯ぐきの間の溝(歯周ポケット)の深さを調べます。深ければ深いほど、歯周病が進行しています。
歯の動揺度検査 ピンセット状の器具で歯をつまんで動かし、グラつき度合いを調べます。グラつきが大きいほど、歯周病が進行しています。
レントゲン検査 顎の骨の状態をレントゲン撮影にて調べます。骨の高さが低いほど、歯周病が進行しています。
歯周病治療
歯みがき指導
おもに、ごく初期の歯肉炎に対して行います。一人ひとりの口腔内環境に適した正しい歯みがき方法を指導します。
※歯みがきは歯科医院での治療と合わせて行うご自宅でのケアとなりますので、継続して指導することがあります。
スケーリング
比較的軽度な症状の歯周病に対して行います。「スケーラー」という器具を使って普段の歯みがきでは取り除けない、歯に付着したプラーク(歯垢)や歯石を除去します。
ルートプレーニング
スケーリングで除去しきれなかった、歯周ポケット奥深くにこびり付いたプラーク(歯垢)や歯石を「キュレット」という器具を用いて除去します。同時に、スケーリング後のザラついた歯面をなめらかに仕上げることで、汚れの再付着を防ぎます。
歯周ポケット掻爬(そうは)術
軽度~中等度の歯周炎に対して行う外科的処置です。局所麻酔を行って歯周ポケット内のプラーク(歯垢)や歯石、膿、感染した組織を除去します。
フラップ手術
中等度以上の進行した歯周炎に対して行う外科的処置です。局所麻酔をした後に歯ぐきを切開して顎の骨からはがし、露出した歯根に付着しているプラーク(歯垢)や歯石を除去します。また、感染した組織も取り除きます。

院長ミニコラム「歯周病は予防が重要」

日本人が歯を失う原因として、もっとも多いのが歯周病です。初期の歯周病では自覚症状がないため、実際には歯周病にかかっていても気付いていない人が多く、気付いたときには、かなり進行しているということも少なくありません。

一度歯周病にかかると元通りに戻すことは難しく、いかに進行を止めるかが大切になってきます。しかし、もっと大切なのは歯周病にかからないこと。歯周病について正しく理解し、歯周病予防に努めましょう。私たちも、全力で予防のためのサポートをしていきます。

ページの先頭へ戻る