子どもの歯が心配 小児歯科

子どもの頃から歯医者に親しめるように

小さなお子様にはまだ、自分で自分の歯を守るという意識はありません。お子様の歯を守るのは、お子様の一番身近な存在である親御さんです。治療が必要になる前の予防の段階から、親御さんも一緒に歯医者に親しんでください。登戸の中村歯科医院では、親御さんと二人三脚でお子様に「一生自分の歯で食べることができる健康なお口」という素晴らしいプレゼントをしたいと考えています。

「歯医者嫌い」を防ぐために

「歯医者嫌い」を防ぐためにお子様のお口の健康を維持するためには、歯医者に楽しく通っていただくことが一番です。当院でもそのための努力・工夫をいたしますが、親御さんのご協力も不可欠です。親御さんには、スムーズな診療のために次のようなことを心がけていただけたらと思います。

  • 親御さんご自身の歯医者に対するマイナスイメージをお子様に伝えないでください。
  • 歯医者に行くのは、お口が健康でいられるようにするためだと話してあげてください。
  • 虫歯治療の際には、麻酔のために注射器を使用する場合があります。多くのお子様が注射に対して恐怖心を持っていますので、治療で注射をするかも、というようなお話はしないようにしてください。
  • 治療が終わったら、次の治療もがんばろうと思えるよう、しっかりと褒めてあげてください。

治療が必要な状態になると、多少なりとも痛みや恐怖、苦痛を感じ、歯医者へのマイナスイメージへとつながってしまいます。一方、予防処置で済めば、痛みや恐怖ではなく、気持ちよさ、安心感を味わえるでしょう。「歯医者嫌い」にさせないためには、治療が必要になってからではなく予防の段階から歯医者に通うことが重要です。

院長ミニコラム「歯医者好きになるとお口は健康になります」

お子様だけではなく大人も、痛いこと・怖いことは嫌いですよね。だからこそ私は、お子様に苦手意識を感じさせないように、やさしく、痛くない治療を心がけています。お子様の治療の際には、親御さんに同席していただくこともできます。お子様にとって、これほど安心できることはないと思いますので、ぜひそばで見守ってあげてください。

また、当院では妊娠中の歯科治療にも対応しております。妊娠中はホルモンバランスの変化やつわりなどで口腔内環境が悪化しやすい時期です。お腹の赤ちゃんへ影響が及ぶケースもありますので、どうぞ、お子様が生まれる前からご来院いただき、お母様とお子様のお口の健康を守りましょう。

ページの先頭へ戻る

当院の小児歯科

「乳歯はいずれ抜けてしまうから」と、軽く考えてはいけません。乳歯が健康であれば、生え替わる永久歯も健康に生えてきます。当院では、健康な永久歯を目指した予防中心の診療を行っています。小さな頃から、お口のケアを習慣にし、お口の健康だけではなく、全身の健康へとつなげていきましょう。

歯みがき指導
歯みがき指導お子様一人ひとりの歯並びや、みがき残しの状態に応じ、一人でみがけるお子様にはみがき方を、仕上げみがきが必要なお子様の場合には親御さんに仕上げみがきの方法を指導いたします。
クリーニング
クリーニングお子様が一人でみがいている場合だけではなく、親御さんが仕上げみがきしている場合でも、どうしてもみがき残しができてしまうものです。それを、プロの技術できれいにします。
フッ素塗布
フッ素塗布歯質を強化するはたらきを持つフッ素を歯の表面に塗布することで、虫歯を予防します。またフッ素には、歯の再石灰化を促進するはたらきもあります。
シーラント
シーラント奥歯には深い溝があり、食べかすが詰まりやすかったり、歯がみがきにくかったりします。その溝を歯科用プラスチックで埋めることで、虫歯を予防する処置がシーラントです。

WEB診療予約はこちらから

ページの先頭へ戻る