噛める入れ歯にしたい 入れ歯

「入れ歯」はメリットの多い治療法です

「入れ歯」は、失った歯を補うためのもっともポピュラーな治療法です。入れ歯で補うことにより、周りの歯が傾いたり、噛み合わせる歯がなくなった歯が伸びてしまったりすることを防ぎます。入れ歯は、患者様一人ひとりの口腔内の状態に合ったものを作る、いわばオーダーメイド品です。

オーダーメイド品であるにもかかわらず、入れ歯がずれる、痛いなどといったお悩みをお持ちの方は意外と多いのではないでしょうか。登戸の歯医者「中村歯科医院」では、患者様の口腔内の状態と今お使いの入れ歯から問題点を洗い出し、解決へと導きます。入れ歯が合わずにお悩みの患者様は、ぜひご相談ください。

入れ歯のメリット

「しっかり噛めない」「ずれて痛い」「審美性が低い」といったマイナスイメージが強調されるせいか、入れ歯は実は優れた治療法だということがあまり知られていないようです。しかし、実は入れ歯は非常に多くのメリットを持っている治療法です。

低価格
全部の歯を入れ歯にする場合、総入れ歯とインプラントとではどのくらい費用の差があるかご存知ですか? 実は、自費の総入れ歯の値段とインプラント2~3本の値段はほぼ同じなのです。どちらが経済的か、計算するまでもないですね。
お手入れが簡単
口腔内をすみからすみまで完璧にきれいに歯みがきするのは、とても大変なことです。年齢を重ねるほどに大変さも増します。入れ歯ならお口から取り外しも簡単、汚れをしっかり目で確認しながら清掃できます。
手術不要
手術を伴う治療は、手術に耐えうる体力があるかどうかや、全身の疾患との関係で、必ず受けられるとは限りません。入れ歯ならほんとどの場合は手術不要ですので、体力や全身の疾患に関係なく、無理なく安全に治療を受けることができます。
短期間
多くの場合、入れ歯の治療期間は1ヶ月~1ヶ月半程度です。失った歯を補う治療の一つ、インプラントの場合ですと、どんなに短くても約3ヶ月はかかりますので、とても短期間で治療が可能です。

保険の入れ歯と自費の入れ歯

入れ歯には、保険の入れ歯と自費の入れ歯があります。それぞれの特徴についてまとめてみました。

  自費の入れ歯
自費の入れ歯
保険の入れ歯
保険の入れ歯
素材 自由に選べる レジンのみ
構造 自由に選べる 制限あり
費用 保険の適用なく高額(長持ちするため費用対効果は高い) 保険が適用され安価(修理や作り直しの頻度が高いため、費用対効果は低い)
作成時間 長い 短い
見た目 自然な仕上がり 違和感がある場合がある
噛み心地 硬いものも噛め、食事の味を損なわない
(噛み心地は個人差があります)
硬いものが噛めない場合があり、食事の温度や味覚も伝わりにくい
強度 強度が高く、長期間にわたって使用可能 強度が低く、こわれやすい

院長ミニコラム「長持ちさせたいなら自費診療」

入れ歯には、保険の入れ歯と自費の入れ歯があることはご紹介したとおりです。それぞれを家に例えるなら、保険の入れ歯は「プレハブ住宅」、自費の入れ歯は「注文住宅」です。出来はともかく、とりあえず噛めるように補いたいなら保険の入れ歯、ニーズに合った方法や素材を選んで作りあげたいのなら自費の入れ歯ということです。

プレハブ住宅は、とりあえず雨風はしのげますが、長く住むには不向きですよね。ライフスタイルに合った生活を長く快適に送ることができるのが注文住宅です。入れ歯も、長く快適にお使いいただくことを考えた場合、自費の入れ歯がおすすめです。

ページの先頭へ戻る

目立たない人気の入れ歯

目立たない人気の入れ歯目立たず、審美性の高さで人気なのが、ノンクラスプデンチャーです。金属を一切使わない部分入れ歯ですので審美性が高く、軽くて軟らかい素材のため装着感もよいのが人気の理由です。

ただし、メリットばかりではありません。素材の寿命が短く、3年ごとに作り替えが必要です。また、壊れにくい入れ歯なのですが、一旦壊れると、その修理がほぼ不可能です。そして、使用できる人が限られるため、希望しても必ず使えるわけではありません。あらかじめ、医師とよく相談しましょう。

当院の入れ歯

当院では、ノンクラスプデンチャーのほか、次の入れ歯を取り扱っています。

保険レジン床義歯
レジン床義歯床(歯ぐきにあたる部分)がレジン(歯科用プラスチック)でできた、保険適用で作る入れ歯です。強度を維持するために床が厚くなっており、慣れるまで使用感が悪いことがあります。また、見た目にも違和感が生じてしまいます。
自費金属床義歯
レジン床義歯床が金属でできた入れ歯です。床を薄くできるため装着感がよく、熱伝導率が高いため食べものの温度が伝わりやすいのが特徴です。また、耐久性も高く長持ちし、雑菌や汚れが付きにくく衛生的です。床に使う金属には、ゴールド・コバルトクロム・チタンなどがあります。
自費シリコンデンチャー
シリコンデンチャー床が弾力性のある生体用シリコンでできた入れ歯です。吸着・密閉性が高くフィット感に優れています。そのため、入れ歯と歯ぐきの間にものが挟まることによる痛みが軽減されており、硬いものもしっかり噛めます。
自費マグネットデンチャー
マグネットデンチャー残っている歯根と入れ歯に磁石を取り付け、磁力で固定する入れ歯です。取り外しが簡単にできる一方、強力な磁力で固定されるため硬いものでもしっかり噛めます。また、バネを使用しないため、自然な見た目になります。
※磁石を埋め込む歯は神経を取った歯に限られます。

入れ歯は、一度作ったらそれで安心という訳ではありません。口腔内の状態も変化しますし、入れ歯もその変化に合わせて調整を行うこともあります。口腔内の状態の変化を見逃さないためにも、定期的にご来院ください。

自費料金表

部分入れ歯

チタン床義歯 250,000円~
コバルトクロム床義歯 200,000円~
ノンメタルクラスプ義歯 110,000円~

総入れ歯

チタン床義歯 350,000円~
コバルトクロム床義歯 300,000円~
磁性アタッチメント
(維持装置)
1装置につき 60,000円

※上記はすべて税別料金です。
※入れ歯はお口の状態により費用が変わりますので、詳細は別途お見積りいたします。

入れ歯のお手入れ方法

入れ歯には、天然の歯にあるような自浄作用は働きません。入れ歯を長持ちさせるためにも、自分の歯と同様に毎日お手入れしましょう。正しい入れ歯のお手入れ方法をご紹介します。

1.水洗い
入れ歯を外して、水洗いしましょう。食べかすや、表面にあるヌルヌルした汚れを流水で洗い流します。
2.歯みがき
入れ歯専用の歯ブラシと、入れ歯専用のみがき剤を使って歯みがきをしましょう。通常の歯みがき粉には研磨剤が入っており、入れ歯を傷つける原因になるため使わないでください。
3.入れ歯洗浄剤
入れ歯洗浄剤をぬるま湯に溶かし、使用方法に記載のある通りの時間、入れ歯を浸けます。成分内容により、汚れや着色の除去、脱臭、除菌の効果が期待できます。
4.水洗い
入れ歯洗浄剤の使用後は、水洗いで成分を洗い流します。成分によっては、すすぎが不足すると口腔内の粘膜に炎症を起こす場合もありますので、注意が必要です。

WEB診療予約はこちらから

ページの先頭へ戻る